■主婦の再就職に役立つ資格「ファイナンシャルプランナー(FP)」

③ファイナンシャルプランナー(FP)の難易度

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験には、学科試験と実技試験があります。学科試験は60点満点で36点以上、実技試験は100点満点で60点以上得点できれば合格です。

学科試験は、マークシート形式で四肢択一式。実技試験はとくに何か実技をやるのではなく、事例や計算式など、より実務に近い問題が出題されます。

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は、学科・実技ともに、ライフプランニングやら不動産、相続までと範囲が広いのが特徴。どの科目からも満遍なく出題されるので、すべてを網羅しなくては、試験に合格できないのです。

「私にそんな勉強ができるのだろうか…」と不安になっているあなた。前のコンテンツでも書いたとおり、AFP資格を取得するには、大手の資格スクールや通信講座を受講しなければ受検資格はありません。そして、多くの学校では、基本的にカリキュラム通りに学習していけば、合格ラインに到達できるようになっているのです。ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は、決して難しいものではありませんから、通信講座等でしっかりと学習すれば、合格できる試験です。これは、過去10回の合格率を見てもわかります。

合格率

年度

受検者数

合格者

合格率

平成279

11,205

4,223

37.69%

平成275

10,983

4,408

40.13%

平成271

12,968

4,518

34.84%

平成269

11,517

4,458

34.84%

平成265

10,023

4,192

41.82%

平成261

11,909

3,881

32.59%

これは、学科と実技試験を同時に受検したとき(別々にも受検できます)の合格率です。このように、一番低くても約32%、そして高い時は約42%と、それほど難易度は高くありません。とはいえ、数週間や1カ月で取得できるような試験ではなく、最低3カ月以上、みっちりと学習しなければ合格はできませんので、甘くはみないでくださいね。

合格率NO.1!の実績があります。

http://www.foresight.jp/fp/