■さよなら会社員!独立開業できる資格「行政書士」

①行政書士とは

行政書士は弁護士と同じ法律家。弁護士はトラブルを裁判で解決しますが、行政書士は書類で解決します。

主な仕事は、

官公署などの行政機関に提出する書類作成と提出の代行

権利業務に関する書類作成とその代理

もっと具体的にいうと、

<官公署に提出する書類>

建設業許可

産業廃棄物許可

著作権登録

貸金業登録

株式会社設立申請

永住許可

帰化許可

著作権登録など。

<権利業務に関する書類>

契約書

示談書

遺産分割協議書

公正証書遺言書

家系図作成

交通事故

慰謝料請求

離婚手続き

養育費請求など。

このように、行政書士は会社設立の申請から、遺言書、示談書など、あらゆる書類を作成するプロです。とはいっても、ただ書類を書くことだけが仕事ではなく、書類作成に至るまでには、お客さんとの打ち合わせや調査など、いろいろな過程があります。そのため、行政書士には書類をきっちりと作成する几帳面さと、お客さんの話を聞いてまとめるコミュニケーション能力が必要だといえます。

行政書士を取るならこの通信講座

http://www.foresight.jp/gyosei/