■スキルアップにおすすめ!会計系資格の登竜門「簿記」

③簿記の難易度

簿記2級の合格率

年度

受験者数

合格者数

合格率

平成27年度11

59,801

7,042

11.8%

平成27年度6

47,480

16,395

34.5%

平成27年度2

55,225

12,054

21.8%

平成26年度11

54,188

14,318

26.4%

平成26年度6

40,330

13,958

34.6%

平成26年度2

55,960

23,254

41.6%

この合格率を見ると、平成26年2月は41.6%と高いのですが、平成27年11月は11.8%と低いですね。バラつきはありますが、簿記2級の合格率はだいたい30%前後と考えておいてください。今回紹介した中では一番難易度は低いです。

だからといって簡単に合格できるわけではありません。簿記2級は合格率が高いから、難易度が低いからと多くの人は独学を選択しますが、これは大きな間違いです。

簿記3級は試験科目が商業簿記のみなので、独学で合格できるレベルですが、2級ともなると、試験科目に工業簿記が追加され、難易度は一気に上がります

とくに工業簿記は、材料から完成までの金額を計算していく問題が多く、原価計算や差異分析といった聞き慣れない計算方法や公式が出てくるので、きっちり理解するまでには時間がかかるのです。確実に一発で合格したいのであれば、通信講座等を選択した方が賢明ですね。